ETCカードでマイレージを貯める

ETCとはETCシステムの事で、高速道路の料金所をノンストップで通過できるシステムの事をETCシステムと呼びます。ETCシステムはETC車載器といわれる、車に取り付ける装置だけでは可動せず、ETC車載器とETCカードの2つが揃ってはじめて可動するシステムです。
ETCカードは、道路側アンテナとETC車載器との間で無線通信にて通行料金を読み取ります。利用料金は利用者が登録した銀行口座などから後日引き落としされるシステムになっています。また、ETCやETCカードを導入することで、最大50%も高速料金が割引になるサービスもあるのです。
最近はほとんどの高速道路の料金所でETC専用ゲートがありますが、稀に田舎の方などに行くとETC専用ゲートがない場合があります。その時は、ETC装置器からETCカードを取り出し、速やかに料金所の収受員にETCカードを渡すと、その場で清算をしてもらえます。
高速道路に限らず「渋滞」は全く生産性がなく、浪費ばかりで良い所が全くない事なので、ETCの導入で少しでも渋滞が緩和されれば良いですね。ETCやETCカードにメリットが多いのは、こういった裏事情がある為、どうしてもETC・ETCカードを普及させたい国の目論見があるのでしょう。

ETCの申し込みに必要なものは、ETCカードETC車載器、ETC車載機設置後のセットアップです。まずETCカードの申し込みをするのですが、最近は入会金や年会費が無料のところがたくさんあるので、極力お金をかけないためにも、無料のところをおすすめします。
ちなみにETCカードには色々な種類があります。一体型ETCカードや分離型ETCカードの他にも、年会費やポイント還元率・デザインなど比較要素は山のようにあります。そんなETCカードですが、逆に言えばあなたの生活環境や目的にあったETCカードを選んで申込みをする事も可能です。
ETCカードを申し込みをし利用する事で、渋滞も少しずつ緩和され快適で便利になってきました。同時にETCにおける事故も多発しているのが現状です。ETC車載器に挿入するETCカードの有効期限切れや未挿入なのにETCレーンを通過したとき、開閉バーが開かず事故に至るケースもあるそうです。
ETCカードを利用することで、高速道路の利用がより快適になってきました。渋滞緩和までにはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、ETCカードの申込者数を見ても、これからのETC普及率はどんどん高くなっていくのではないでしょうか。ETCカードを活用した高速道路での渋滞緩和が現実に近づいてきているのです。

今ではETCカードを申し込む場合、入会金や年会費が無料であることは大前提であることは、比較検討してみてもわかります。ETCカードを利用するごとにポイントがたまるカードもあります。そしてそのたまったポイントがポイント還元されて商品券がもらえたり、グッツがもらえたりとETCカードには色々と特典がついてくるのです。
ETCカードには「首都高カード」というのが、比較をしていると目に入ってきます。首都高ETCカードはとてもお得なサービスがたくさんついています。例えば、ETC車載機のお金くらいなら高速道路の利用割引ですぐに取り戻せるくらいのメリットはついてくるのです。
ETCカードで高速道路の料金所を通過する場合、料金はクレジットカードからの引き落としになります。ETC専用カードというのがありますが、クレジット会社での申し込みの場合ETC専用カードは作れず、クレジットカードが一緒についてくるのです。ライフスタイルに合わせて比較検討すると良いでしょう。
ETCシステムを利用するにはETCカードが必ず必要となります。ETCカードに申し込みをする時点で比較をすると、お得度にかなり差が出てくるはずです。これからもっとETCシステムは普及していきます。同時にカード会社のサービスもますます向上していく事間違いないでしょう。

| | コメント (52) | トラックバック (2)

自動車保険の見積もりシュミレーションができます。

これから自動車保険の事をお話ししていきたいと思います。 自動車保険は色々と複雑な要素から成り立っていますので、一概にはいくらかかるか分らないのです。
その為、あなたに最も適した自動車保険を選ぶなら、自動車保険のランキングを使ってみるのがいいでしょう。 自動車保険はランキングサイトや比較サイトを使ってしっかり選ぶ事が重要だとお分かり頂けましたか?これからは自動車保険の基礎知識をお話しします。

車を購入したら、自動車保険に加入する。自動車保険は、交通事故での被害者の救済と、加害者の金銭的負担の軽減を目的としている。自動車保険には、強制加入である「自賠責保険」と、任意加入の「自動車保険」がある。任意ということは、自賠責保険にだけ加入していればよいのだろうか。

「自賠責保険」の対象は「人」であり、「物」が破損した場合の賠償はできない。また、「人」であっても、他人であることが前提で、家族をはねてしまった場合や、車を貸していた友人が怪我をした場合などには適用されない。そこで、「自動車保険」も合わせて加入することが望ましいのである。

自賠責保険は、あくまで「人」が対象であるので、「物」を対象とした対物賠償保険は必要であろう。また、自分の車のための車両保険、事故を起こされたとき、相手が保険加入していない場合に頼りになる無保険車傷害保険等、想定されるさまざまなケースに対応している。

事故に遭わなければ、払っている保険料はムダになるようにも思える。しかし、運転をしている以上、可能性がゼロではない。1998年の自動車保険自由化以降、選択の幅が広がり、組み合わせて加入できるようにもなった。自分の運転スタイル等を考慮し、「万が一」に備えておきたいものである。

ココまでお話しすれば自動車保険について分らない事もほとんどありませんよね? 自動車保険は妥協せずに選ぶ事が正しい選択だと言えるでしょう。 さんざん自動車保険についてお話ししてきた訳ですから、もうお分かりだとは思いますが・・・ さてさて、それでは自動車保険のお話しはこれにて終了とさせて頂きます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

マイカーローンの事知るなら

オートローンには新車購入ローン、中古車購入ローン、バイク購入ローン、借り換えローンのほかに車検ローン、修理ローン、あるいはカー用品ローンなどのメンテナンスに関するローンもあります。
自動車・バイク販売会社、あるいは中古車ディーラーの事務所は大抵オートローンの会社と提携しています。
欲しい自動車やバイクが決まったらその場でオートローンの申し込みができます。
オートローンについて何となく分りましたか?

マイカーローンの返済方法を考えるとき、利率の%ほかに変動金利か固定金利かを選択する必要があります。
超低金利時代の今、長期借り入れであれば固定金利を選ぶ方が賢明かもしれません。
もし、変動金利を選択するならば金利が上昇したことも考慮して借りる額を決めねばなりません。

いくらぐらいマイカーローンで借りるか見当がついている人は
返済額を試算することが出来ます。
金融機関に出向く方法以外に、
インターネットに入力するだけで計算できる簡単な方法があります。
頭金の額、必要な借入金、何年ローン、金利などを入力すると即座に結果が出ます。

金融機関によってマイカーローン返済時の振込み方法が異なります。
給与口座からの自動引き落としが最も手間がかかりませんし、精神的負担も少なくて済むようです。
また、消費者金融から借り入れた場合はATMからの入金になるので、
うっかり忘れるということが無い様気をつけねばなりません。
もうマイカーローンで「?」になる事もないですね!

マイカーローンの謎は無くなりましたか? 結局、マイカーローンの借り入れにおいて重要なのは「情報」って事ですね! 意外とフリーローンの金利は安いので、マイカーローンとして活用する事も考えてみましょう! まぁ~マイカーローンなどは結局カードローンですから、しっかり比較するにこした事はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

その他のカテゴリー

趣味 |