趣味

ユーザー車検の受け方講座

ユーザー車検や車検の事なら当サイトにお任せ下さい。 自動車ユーザーは、「安全」の為にいくつかの義務があります。自動車を購入してから廃車の手続きが済むまで色々な義務があるのです。車検はその1つです。
また、どうせ車検するなら是非ユーザー車検を受けてみて下さい。ユーザー車検は色々とお得な事が沢山あります。 車検・ユーザー車検の事をしっかり理解してもらう為、これから「車検」「ユーザー車検」について詳しく解説していきたいと思います。

車検は国土交通省が行う自動車検査登録制度の検査のことです。対象となるのは自動車と排気量250ccを超える自動二輪車です。車検は、軽自動車の場合は軽自動車検査協会の検査場で行います。そのほかの車両は、民間車検場(整備工場など)あるいは運輸支局の車検場で行われます。

車検手数料は二輪車や小型自動車で1400円、普通自動車なら1500円です。これに自賠責保険料として乗用車であれば29,780円、重量税が1.5トン以上の乗用車であれば37,800円必要になります。軽自動車であればどちらも低い金額になります。重い車両だと重量税が高くなります。

車検工場にディーラー車検を頼むとすべて整備員に任せておけばよいわけですが、ユーザー車検の場合、自分で車検場に出向くことになります。しかし難しいことはありません。検査コースはわかりやすく設定されているので順路に従って車を進めれば車検は完了するという仕組みになっています。

車検の検査項目すべてをクリアすれば合格です。もし出来なければ不合格ということになりますので、不良箇所を整備する必要があります。もし、その日中に整備できるのであればしてしまい、再度検査を受けましょう。同日中なら再検査は無料で受けられることになっています。

自動車・バイクの基礎知識を持っていると車検を自分で通すことが可能になります。ユーザー車検と呼ばれ、整備から車検の予約に至るまでをすべて自分で行う方法です。海外ではよく行われている方法だそうで、日本のように車検にお金がかかるというイメージは無いようです。

普通自動車の場合、自賠責保険料と重量税をあわせると70,000円弱必要になります。これは2年分まとめて車検時に支払います。これに普通自動車であれば1,500円の車検手数料がいります。普段から整備を自分でしていれば、基本的に、ユーザー車検の際に必要な金額はこれだけになります。

ユーザー車検の際、必要書類のほか三文判も忘れずに持参しましょう。支払いもあるので、事前に必要な額をしらべておきましょう。必要なものがすべて揃っていないと車検は通りません。二度手間にならないためにも、忘れ物が無いように前もって準備しておくようにしましょう。

ユーザー車検はディーラー車検より基本的に割安とはいえ、保険料や税金等避け切れない費用があります。年毎に考えれば大きな負担ではないかもしれませんが、一括払いですので家計にひびいてくる人もいることでしょう。毎月、計画的に貯金しておくことで慌てなくて済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

趣味 |